子供の意思に任せた中学受験。

私も主人も公立中学と高校を出ているため私立中学への中学受験なんて考えたこともありませんでした。このまま娘は公立中学へ行くものと思っていたのですが、娘が急に私立中学へ行きたい、と言い出しました。選択肢になかったことなので、少し動揺したものの本人は真剣そのものなのでとりあえず1度中学受験させてみることにしました。

小学校5年生になりたての5月のことだったので、準備期間は多分かなり短いものとなりました。そもそも、中学受験を意識していなかったため塾に通っていたわけでもなく、どの様に受験を行えばいいのか、行きたいと言っている中学はどんなところなのかの情報すらない状態でした。情報を得るためにもまず塾に通わせなければ、と思い大手進学塾と個別指導塾、小さな個人塾の3つを曜日をずらして同時に無料体験させ、娘自身が気に入った所へ通わせることにしました。個別指導塾の先生とウマがあったようで個別指導塾に通わせることにしました。本人の意思で『選んだ』ということが、娘の中では大きなことだったようで塾の勉強にはかなり力が入るようになりました。大手の個別指導塾だったため受験に関する情報も豊富で何もわからない親にもわかりやすく情報を提供してもらえました。

娘の意思に従ってばかりだった受験期間ですが、娘の自立心を伸ばすことができたように感じます。ある程度子供に任せてみることも大切なのだと思います。